ピンボールマシン カオスホース

WRITER

影山裕樹
Yuki Kageyama

編集者、合同会社(she)千十一編集室代表。著書に『ローカルメディアのつくりかた』(学(xue)(xue)芸出版社(she))、編著に『あたらしい「路上」のつくり方』(DU BOOKS)などがある。全国各地の地域プロジェクトに編集者、ディレクターとして多数関わる。一般(ban)社(she)団法人地域デザイン学(xue)(xue)会参(can)与、路上観察グループ「新しい骨董」などの活(huo)動も。2017年(nian)、本(ben)づくりからプロジェクトづくりまで幅(fu)広く行(xing)う千十一編集室をスタート。

記事の一覧を見る
友川綾子
Ayako Tomokawa

京都芸術大学卒。ギャラリー勤務、3331 Arts Chiyoda立ち上げなどを経て、2010年よりフリーランスのアートライターに。以降は行政や市民と協働するアートプロジェクトをフィールドに活動。2017年よりNPOスローレーベルにて広報とファンドレイジングを担当。福祉とアートの分野を超えたプロジェクトの知見を蓄える。2021年6月、アートプロジェクトで豊かに育つアートの価値をマーケットの評価にもつなぐため gallery ayatsumugi を設立。​
美しいとは、五感が気持ちよいこと。著書『』。

記事の一覧を見る
柿原優紀
Yuuki Kakihara

1982年生まれ、大(da)阪・神戸育ち。英国(guo)(guo)Glasgow芸(yun)術大(da)学を経て、京都精華(hua)大(da)学芸(yun)術学部(bu)デザイン学科(ke)卒(zu)業(ye)。 出版社(she)にて書籍(ji)や雑(za)誌編(bian)集に携わり国(guo)(guo)内外の取材活動(dong)を行う。その後、渋谷区富(fu)ヶ谷にて編(bian)集事(shi)務所を設立。同時に「Happy Outdoor Wedding」を立ち上げ、D.I.Y.の力(li)を地(di)域空(kong)間や資源(yuan)に結(jie)びつける結(jie)婚式(shi)の仕組みづくりを全国(guo)(guo)各地(di)でおこなっている。tarakusa株式(shi)会社(she) 代表取締役(yi)。

記事の一覧を見る
小松理虔
Riken Komatsu

1979年(nian)福島県いわき市生(sheng)まれ。フリーライター。中小企業や生(sheng)産者(zhe)の広報業務を支援する個人事務所「ヘキレキ舎」を運営しつつ、オルタナティブスペース「UDOK.」や、いわき海(hai)洋調べ隊(dui)「うみラボ」など、様々な活動を行っている。フリーライターとして参加したものに『常磐線中心(xin)主義』『福島第一原発廃(fei)炉図鑑(jian)』『決定版 原発の教科書(shu)』『ゲンロンβ』など。

記事の一覧を見る
小西七重
Nanae Konishi

フリーの編(bian)集(ji)者・ライター。著書に『箱覧会』(スモール出版)、共著に『市めくり』のほか『あたらしい食(shi)のシゴト』(京阪神エルマガジン社)がある。

記事の一覧を見る
吉田真緒
Mao Yoshida

1981年(nian)、東京都生まれ。早稲田大学(xue)第二文学(xue)部表現・芸術(shu)系専修卒業(ye)。編集制作会(hui)社勤(qin)務(wu)を経て2012年(nian)に独立。地域やコミュニティ、ライフスタイルをメインテーマに、多数の媒体で取材、執筆をしている。共著に『東川スタイル』(産学(xue)社)がある。

記事の一覧を見る
仲俣暁生
Akio Nakamata

フリー編(bian)(bian)(bian)集者、文筆(bi)家。「シティロード」「ワイアード日本(ben)版(ban)」「季刊(kan)・本(ben)とコンピュータ」などの編(bian)(bian)(bian)集部(bu)を経て、2009年にボイジャーと「本(ben)と出版(ban)の未(wei)来」を取材し報告するウェブ雑誌「マガジン航」を創刊(kan)。2015年より編(bian)(bian)(bian)集発行(xing)人となる。著(zhu)書『再(zai)起(qi)動せよと雑誌はいう』(京阪神(shen)エルマガジン社)、共編(bian)(bian)(bian)著(zhu)『編(bian)(bian)(bian)集進化(hua)論(lun)』(フィルムアート社)ほか。

記事の一覧を見る
矢嶋桃子
Momoko Yajima

ライター。東京(jing)の下(xia)町、谷(gu)中で生まれ育つ。編プロ、出(chu)(chu)版社(she)を経てフリーに。地域や家族(zu)関係、社(she)会(hui)的養護、インタビューなどを中心に執筆。地域コミュニティ「谷(gu)中ベビマム安心ネット」主宰。共著に『東京(jing)文化資源区の歩き方』(勉誠出(chu)(chu)版)

記事の一覧を見る
ヘメンディンガー綾
Aya Hemmendinger

地域(yu)情(qing)報誌、ファッション誌のエディターを得てフリーに。2009年(nian)にUターンし、関西を拠点にアート、デザイン、暮(mu)らし、ソーシャルイノベーションなどの分野で執筆・編集に携わる。和歌山の若者と街をつなぐ「ARCADE PROJECT」実行(xing)委員。

記事の一覧を見る
吉満明子
Akiko Yoshimitsu

1975年福岡県宮若市生まれ。株式会社センジュ出版代表取締役兼「book cafe SENJU PLACE」オーナー。
編集プロダクションや出版社勤務を経て2015年より、まちも編集するセンジュ出版を足立区千住(zhu)の自宅そばで創(chuang)業(ye)。

記事の一覧を見る
大迫力
Chikara Osako

1980年(nian)尼崎(qi)市(shi)生まれ。京阪神(shen)エルマガジン社『Meets Regional』編集部を経て、2006年(nian)より株(zhu)式会社140B。大阪・中之(zhi)島(dao)エリアのフリーマガジン『月(yue)(yue)刊(kan)島(dao)民』の編集に創刊(kan)時から携わり、2016年(nian)11月(yue)(yue)より編集・発行人。また、ナカノシマ大学(xue)という講座の企画・運営や大阪をテーマとした書籍の出版なども行っている。

記事の一覧を見る
江口晋太朗
Shintaro Eguchi

編集者(zhe)、ジャーナリスト。「都市(shi)と生(sheng)活の再編集」をテーマに誰がもその人らしい暮らしができるまちとなるための都市(shi)政策や地(di)域再生(sheng)、事業(ye)開発やコンセプト設(she)計、研究リサーチを行うTOKYObeta Ltd.代表。著書(shu)に『日本(ben)のシビックエコノミー』(フィルムアート社)『ICTことば辞典』(三省堂)などがある。

記事の一覧を見る
橋本誠
Makoto Hashimoto

現代社会(hui)と芸(yun)(yun)術文化(hua)をつなぐ企画(hua)・編集者。東京(jing)文化(hua)発信プロジェクト室(shi)(現・アーツカウンシル東京(jing))を経(jing)て、一(yi)般(ban)社団(tuan)法(fa)人ノマドプロダクションを設立(2014)。NPO法(fa)人アーツセンターあきた プログラム・ディレクターとして秋(qiu)田市文化(hua)創造館の立ち上げに携わる(2020〜2021)。編著書に『危機の時代を生き延(yan)びるアートプロジェクト』(千十一(yi)編集室(shi))。多様化(hua)する芸(yun)(yun)術文化(hua)活動・アートプロジェクトに関わる企画(hua)制作や記(ji)録・編集・アーカイブ、人材育成に関わるプログラム、調査・コンサルティングなどを手がけている

記事の一覧を見る
山田絵美
Emi Yamada

かみいけ木(mu)賃(lin)文(wen)化ネットワーク 代表(biao)、市民(min)社会創造ファンド プログラムオフィサー。1981年豊島区上池袋生まれ。市民(min)活(huo)動(dong)の資金支援を本業にしながら、木(mu)造賃(lin)貸アパート「山田荘」を引き継(ji)いだことをきっかけに、木(mu)賃(lin)とまちをネットワークするプロジェクト「かみいけ木(mu)賃(lin)文(wen)化ネットワーク」を立ち上げる。

記事の一覧を見る
北山公路
Koji Kitayama

1960年岩手(shou)県花巻市生まれ、花巻市在住。盛岡の老舗印刷会社を経て2015年Office風屋設立。出版社などの書籍や雑誌プロデュース&編集のほか、2017年「マルカン大食堂の奇跡」(双葉社)執筆。現在隔月(yue)で花巻まち散歩マガジンMachicoco発(fa)行(xing)。

記事の一覧を見る
EDIT LOCAL LABORATORY事務局
EDIT LOCAL LABORATORY

EDIT LOCAL LABORATORYは、会(hui)員制のオンラインコミュニティです。年会(hui)費8,000円で動画コンテンツ無料視聴など様々な特典が受(shou)けられたり、EDIT LOCALに記事を寄稿できたり、ラボ(部活)を立ち上げ全国の会(hui)員とオンライン&オフラインで交流することができます。

記事の一覧を見る
上浦未来
Miku Kamiura

1984年生まれ。愛知県瀬戸(hu)市(shi)生まれ。東京・神保町(ding)の小さな出版社(she)で編集を担当し、フリーランスのライターに。旅(lv)、地域のこと界隈に執筆。2018年に地元へと戻り、瀬戸(hu)市(shi)の町(ding)歩きエッセイ『ほやほや』を立(li)ち上げる。編集室はゲストハウスますきち。2019年7月、瀬戸(hu)市(shi)にオープンする、実の弟が開くパン屋「aime le pain(エムルパン)」の店(dian)番(fan)&広報係。

記事の一覧を見る
高岡謙太郎
Kentaro Takaoka

ライター、編(bian)(bian)集、広報(bao)など。主にテクノロジーを用いた表現(xian)に興味(wei)関(guan)心(xin)があり紹介をしてきた。共(gong)編(bian)(bian)著に『Designing Tumblr』『ダブステップ・ディスクガイド』『ピクセル百景(jing) 現(xian)代ピクセルアートの世界』など。日(ri)本科(ke)学未(wei)来館展示課に勤務後、フリーランス。

記事の一覧を見る
江尻悠介
Yusuke Ejiri

1996年生まれ。早稲田大学大学院建築学専攻在籍。アキチテクチャ共同主宰。
路上の観察と転用、メディアを介(jie)した建(jian)築デザインの運用を主な関心として活(huo)動(dong)している。

記事の一覧を見る
佐藤渉
Wataru Sato

1980年、千葉県船橋市生(sheng)まれ。横浜国(guo)立大学(xue)経営(ying)学(xue)部卒。都内制作会(hui)社にて、企業広報を軸(zhou)に年間約100件の取材・ライティングを行い、2010年よりフリーランスに。翌年、拠点を福(fu)岡に移し、現在は東京(jing)と福(fu)岡を往(wang)復して活動。寄稿(gao)執筆の他、企業CI設計、webサイト制作、オウンドメディア編(bian)集制作などを手掛ける。

記事の一覧を見る
菊池百合子
Yuriko Kikuchi

編(bian)集者・ライター。2018年(nian)にフリーランスとして独立し、インタビュー記事を中心にWebメディアや雑誌で執筆している。神奈川県で生まれ育ち、2018年(nian)に滋賀県長(chang)浜市に引っ越(yue)し。関(guan)心のあるテーマは「地域での暮らし」と「人生の選択肢」。

記事の一覧を見る
瀬下翔太
Shota Seshimo

NPO法人(ren)bootopia代(dai)表理事。『Rhetorica』の企画 ・編集(ji)などに携わる。 2015年(nian)島根(gen)県(xian)鹿足郡津和野町に移(yi)住し、教育型下宿を経営。

記事の一覧を見る
桜井 祐
Yu Sakurai

出版(ban)社などを経て2016年(nian)福(fu)岡(gang)に移住、2017年(nian)クリエイティブディレクションなどを行うTISSUE Inc.を設立。福(fu)岡(gang)デザイン専門(men)学校非常(chang)勤(qin)講師。大(da)阪(ban)芸術大(da)学非常(chang)勤(qin)講師。

記事の一覧を見る
石川琢也
Takuya Ishikawa

UI·UXデザインを職務とした後、山口情報(bao)芸(yun)術センター [YCAM]を経て、2020年から京都芸(yun)術大学情報(bao)デザイン学科クロステックデザインコース専任(ren)講師。

記事の一覧を見る
三島早希
Saki Mishima

1999年(nian)生まれ。国際(ji)基(ji)督教(jiao)大学教(jiao)養学部在籍。EDIT LOCALインターン3年(nian)目。性愛関(guan)係(xi)や血縁関(guan)係(xi)、婚姻(yin)関(guan)係(xi)を基(ji)盤(pan)とするものだけでない、多様(yang)な親密圏、共同体、コミュニティのあり方に関(guan)心がある。

記事の一覧を見る
野島光太郎
Kotaro Nojima

データのじかん編集長。広告代(dai)理店にて高級宝飾(shi)ブランド/腕時計メーカー/カルチャー雑誌(zhi)などのデザイン・アートディレクション・マーケティングを担当。その後、一部上(shang)場企(qi)業(ye)/外資系IT企(qi)業(ye)での事(shi)業(ye)開発を経てウイングアーク1st入社(she)。静岡(gang)県(xian)浜(bang)松(song)市生(sheng)まれ、名(ming)古屋大学経済学部卒業(ye)。座右の銘は「球を投げ続けたところが的になる」。

記事の一覧を見る
須鼻美緒
Mio Subana

株式(shi)会(hui)社(she)(she)モーイ代表取締役。上智大学文(wen)学部新聞学科を卒業(ye)後、株式(shi)会(hui)社(she)(she)ビー・エヌ・エヌでデザインやカルチャー分野(ye)の書籍を編集(ji)。2009年、東京・恵比寿のフラワーショップkusakanmuriを立ち上げ、ブランディングや商品企画、広報などを担(dan)当。2015年香(xiang)川県に移(yi)住(zhu)し、株式(shi)会(hui)社(she)(she)瀬戸(hu)内(nei)人にて約5年間、雑誌『せとうちスタイル』の編集(ji)を担(dan)当。主な担(dan)当書籍に『ピクトさんの本』(ビー・エヌ・エヌ)がある。

記事の一覧を見る
安野実礼
Minori Yasuno

1995年、愛媛(yuan)県生まれ。大(da)阪芸(yun)術(shu)大(da)学(xue) 芸(yun)術(shu)学(xue)部へ進(jin)学(xue)後、大(da)阪市内(nei)のベンチャー企(qi)業にて新規事(shi)業立ち上げからクリエイティブディレクションに従事(shi)。現在はグラフィックデザイン、ライティング、カメラ撮影(ying)を3本柱としたコンテンツクリエイターとして活(huo)動中。

記事の一覧を見る
遠藤ジョバンニ
Endo Jovanny

1991年生まれ、ライター。大学(xue)卒(zu)業後(hou)、社会福祉(zhi)法人で支(zhi)援員として勤務後(hou)、編(bian)集(ji)プロダクションのライター・業界新聞記(ji)者(農(nong)業)・企業広報(bao)職(zhi)を経てフリーランスへ。埼玉(yu)県在(zai)住。知(zhi)的障害のある弟(di)とともに育った「きょうだい児」でもある。撮影:石田ダダ

記事の一覧を見る
半田孝輔
Kosuke Handa

編集者(zhe)/ライター。宮崎(qi)県(xian)を拠(ju)点に活(huo)動。若者(zhe)支援NPO、宮崎(qi)市地域(yu)雇用創(chuang)造事(shi)業の販(fan)促・PRスタッフを経てフリーとなる。紙・Web媒体問わず幅広く取材・執筆・編集を行う。ほか、PRやイベント企画(hua)・運営(ying)など。趣味はマラソン、ZINE制作、カルチャーに溺(ni)れること。

記事の一覧を見る
齋藤結
Yui Saito

2000年生まれ。立教大(da)学(xue)大(da)学(xue)院社会学(xue)研究科(ke)在籍中(zhong)。EDIT LOCALインターン2年目。アートプロジェクト制作の経験から、生活(huo)の中(zhong)の表(biao)現(xian)/公共空(kong)間・空(kong)き家(jia)の活(huo)用などに関(guan)心を持(chi)つ。

記事の一覧を見る
中野広夢
Hiromu Nakano

兵(bing)庫(ku)県(xian)を拠点として活動している編集(ji)ライター、カメラマン。Ropeth/ロペス代表。大学卒業後、小学校教(jiao)諭(yu)、塾講師、保育士を経験。2019年(nian)からはコワーキングスペースのコミュニティマネージャーとして活動。まちづくりにも関わる。その後兵(bing)庫(ku)県(xian)播磨地(di)域の情報誌『まるはり』の編集(ji)・取材フォトライターを経て独立。

記事の一覧を見る
上條桂子
Keiko Kamijo

編(bian)集者、ライター。武蔵野(ye)美術(shu)大学(xue)非常勤講師。「BRUTUS」「花(hua)椿」等の媒(mei)体で取材執筆を担当。担当した書籍(ji)に『北欧デザインの考え方』(渡部千春著/誠(cheng)文堂新光(guang)社)、『ROVAのフランスカルチャーA to Z』(小柳帝著/アスペクト)、『お直(zhi)し とか カルストゥラ』(横尾(wei)香央留著/青(qing)幻(huan)舎)。編(bian)著書に『玩具(ju)とデザイン』(青(qing)幻(huan)舎)。

記事の一覧を見る