ピンボールマシン カオスホース

旧市場に再び息吹を与える「東加古川軒先市場」

狙いは日常。仕(shi)掛(gua)けは非(fei)日常。

2023.9.13 中野(ye)広夢

祭(ji)りの後の静けさといったらない。空前(qian)の地方創(chuang)生ブーム。各地でイベントは増えたものの、それはあくまで非日常(chang)に限られたものであり、開催(cui)前(qian)後は寂(ji)しいものだ。暮らしの大(da)半を占(zhan)める日常(chang)を豊かにするために、土壌である街(jie)をどのようにデザインするべきか。そのヒントが「東加古川軒先(xian)市場」にはある。

兵庫県加(jia)古川市(shi)は人口約26万人を有し、大都(dou)会(hui)ほどの規模(mo)ではないものの田(tian)舎でもない、いわゆる”地方都(dou)市(shi)”。2000年代以(yi)降、電車での移(yi)動がより便利(li)になり、より楽に、より利(li)便性を追(zhui)い求(qiu)めた結果、「都(dou)市(shi)へのアクセスが良い」が街の魅力として真っ先に挙がるという、個性を失いつつあったように感じる加(jia)古川だが、ここ最近はやや風向きが違(wei)う。日常に変(bian)化(hua)を与えるマルシェイベントをはじめ、暮らしの豊(feng)かさを再定義する試みが街のあちこちで見(jian)られるようになってきた。

今(jin)回(hui)は、在し日の市場文化(hua)を地域(yu)に再実装し、日常の風景を豊かに変えつつある「東加(jia)古川軒先市場」について、背(bei)景にある想いを仕掛け人である「kaku°-Coffee stand & Gallery space-」オーナーの西嶋輝さんに伺った。

JR東加古川駅から徒歩5分の場所にある「kaku°-Coffee stand & Gallery space-」。

街へ繰(qiao)り出す一(yi)杯を、このスタンドから。

市内(nei)有数の人(ren)口(kou)を誇る平岡町(ding)。JR東加古川駅から徒歩10分圏内(nei)の地(di)域住民(min)の生活動(dong)線上に、かつて、昔ながらの市場があった。

「幼少の頃の記憶ですが、市場(chang)の様(yang)子は今(jin)でも鮮明に思い出に残(can)っています。魚(yu)屋さんやパン屋さんが並(bing)んでいて、よく親の買(mai)い物に一(yi)緒に着(zhe)いて行(xing)ってお店の人(ren)と喋(die)っていました。東加古川総合(he)市場(chang)の入口にはなぜかインコがいて、ずっと鳴いていたのを覚(jue)えています」(西嶋さん)

過去を振(zhen)り返りながら話(hua)してくれたのは、「kaku°-Coffee stand & Gallery space-」のオーナーの西嶋輝(hui)さん。この地域で生まれ育ち、市外でデザイナーとして働いた後26歳で独立。地元加古川市にUターンしデザイン事務所(suo)「and」を立(li)ち上げた。主な仕事のクライアントは市内の事業者で、企業ロゴのデザインやポスターデザイン、焼(shao)き菓子のパッケージデザイン、Webデザインと幅広く手(shou)掛ける。

デザイン事務所「and」代表、「kaku°-Coffee stand & Gallery space-」オーナーの西嶋 輝(にしじま あきら)さん。(写真提供:カメラのアサヒ 加古川)

「独(du)立のタイミングで加古川(chuan)に帰ってきて、生まれ育った街の風景が変わっていることに気づきました。かつて市場(chang)があったこのエリアは、ほとんどのテナントのシャッターが下りており、何とかしたいなという気持(chi)ちをずっと持(chi)ち続けていたんです」(西嶋さん)

いつかは地元でデザイン事務所を構えたいと思(si)っていた西(xi)嶋さんは、ただ事務所を構えるだけでは人はやって来ないと考え、コーヒースタンドやギャラリーといった人流(liu)を生(sheng)む店(dian)舗アイデアを膨らませ始める。

仕事の合間を縫って各地のカフェやコーヒーショップに足を運び、一からコーヒーを学んだ。ドリップや焙煎を学んだのち、自家焙煎にも挑戦中。(写真提供:カメラのアサヒ 加古川)

扉を開けずに軒先から注文ができ、その場で受け取れるスタンド形式であれば気軽にコーヒー片手に街へ繰り出しエリアを回遊してもらえる。その方が嬉しいなと思ってコーヒースタンドの形にしました。(西嶋さん)

そして去る2022年5月。独立して加古川(chuan)に帰ってきてから9年後、幼少期の原風景(jing)の記憶に惹かれ、この地(di)に「kaku°」をオープンした。自家焙煎豆の淹れたての香り深いコーヒーをいただけることに加え、隣接のギャラリーでは市(shi)内外のアーティストやクリエイターの個(ge)展が開かれ、アート鑑賞も楽しめる。

kaku°内のギャラリー。不定期で作品展や写真展、ワークショップなどが開かれている。

「通勤前の方や買い物(wu)帰りの方、犬(quan)の散歩(bu)ついでに寄(ji)ってくださる方など、お客(ke)さんの大(da)半は近所の方々。コーヒースタンドはドアを開けて入らなくて良(liang)い気軽さと、軒先のベンチの居心地の良(liang)さを気に入ってくださり、日常の選(xuan)択肢の一(yi)つとして楽しんでいただいています。コーヒーを片手に散歩(bu)される方はもちろん、『軒先では時(shi)間が溶ける』と、ここでゆっくり過ごされるお客(ke)さんも多いですね」(西嶋さん)

「いろんな角度(du)から楽しめる」をコンセプトとする同店。街角で一(yi)杯(bei)のコーヒーとともに、訪れる人の視(shi)点を変え、視(shi)野を広げ、街を見つめ直すきっかけを提供している。

街を見る角(jiao)度が変(bian)わる「東加古川軒(xuan)先市場」

西嶋(dao)さんのゴールは「kaku°」のオープンではなく、その先にある。シャッター街となった旧市(shi)場(chang)に再びにぎわいを取(qu)り戻すことだ。

「店舗(pu)運営(ying)を考えればkaku°のことだけでも良いかもしれませんが、市場(chang)(chang)ににぎわいを取り戻すためにはそれだけでは足りません。店という『点』で考えるのではなく、エリアという『面』で考える必要があります。その結果生まれたのが、HAIR SALON artilib-アーティブ-さんとともに始めた『東加古川軒先(xian)市場(chang)(chang)』です」(西嶋さん)

近隣の商店も協力的で、エリア全体で協力しあって軒先市場を盛り上げていこうと取り組んでいる。

市場(chang)(chang)には、地(di)域(yu)内外から集まった飲(yin)食系の出店(dian)(dian)をはじめ、クラフト作家によるアクセサリーや小物の販売(mai)、廃棄予定だった古紙(zhi)を用いたノートづくりのワークショップ、苔(tai)を使ったアクアリウム「苔(tai)テラリウム」のワークショップといった豊富なコンテンツが揃う。地(di)元商店(dian)(dian)も積(ji)極的に協力しており、近隣の写(xie)真(zhen)(zhen)スタジオでは気軽(qing)に家族写(xie)真(zhen)(zhen)が撮(cuo)れるサービスを提供したり、鮮魚店(dian)(dian)で購(gou)入した魚を別の出店(dian)(dian)者のブースでフライにし、バンズで挟んでバーガーでいただいたりという、市場(chang)(chang)ならではの動線を生かした商品(pin)も人気だ。

「ありがたいことに、これまで開催(cui)(cui)した軒先(xian)市(shi)場(chang)(chang)では多くの来場(chang)(chang)者にお越しいただきました。『この場(chang)(chang)所にこんなにたくさんの人がいるのを初めて見た』と驚(jing)かれている地域の方や、『飛ぶように商(shang)(shang)品が売(mai)れて完売(mai)になりました!』と嬉(xi)しそうに話してくれる出(chu)店(dian)者の方もいます。また、市(shi)場(chang)(chang)をきっかけに以前このエリアで商(shang)(shang)売(mai)されていたパン屋(wu)さんが移転(zhuan)先(xian)から出(chu)店(dian)で戻(li)ってきてくださるなど、嬉(xi)しいエピソードもありました。7月からは、これまで場(chang)(chang)所を提供いただいていたコープこうべ コープ東加古川(chuan)さんも主(zhu)催(cui)(cui)運(yun)営に加わってくださり、ますます勢いを増しています」(西嶋さん)

 

通りには多くの来場者が行き交い、大きな賑わいに。(写真提供:西嶋 輝)
飲食ブースだけでなく、クラフト作家さんによる出店やワークショップなども。(写真提供:西嶋 輝)

イベントによって人流をつくり、商流を生む。想(xiang)いのある店(dian)が地(di)域のアンカーとなり、起点となり、面(mian)へと広げていく。他都市の成(cheng)功(gong)事例を見てもエリアマネジメントの基(ji)本(ben)的なモデルだろう。同エリアでも「kaku°」を起点に新たな人流が生まれ、日常の風景は変化(hua)しつつある。東加古川軒先(xian)市場(chang)に参加したことがきっかけで地(di)域のお店(dian)を知り、ファンになる人も少(shao)なからずいるそうだ。しかし、西嶋さんは現状(zhuang)に決して満足していない。

「単発のスポットイベントだけではまだ弱(ruo)い。起爆剤にはなりますが、日常の暮らしの風景は変わりません。東加古川軒先市場のにぎわいを、日常へつないでいく必要があります。現(xian)在はまだ新たな店子さんが入ってくる動きはなく、シャッターが上がっていない以上まだまだです」(西嶋さん)

直近では、周りの空きテナントのオーナーに働きかけてコミュニケーションを取り、イベント時(shi)にイートインスペースとして空間(jian)(jian)を活用。普段閉まっているシャッターを上げることで中の空間(jian)(jian)に新たな風を吹(chui)き込んだ。結果として、訪(fang)れる人たちの滞(zhi)留(liu)時(shi)間(jian)(jian)が長くなり、より地域を回(hui)遊してもらう仕(shi)掛けにもなった。

空きテナントを活用したイートインスペースでひといきつく来場者。(写真提供:西嶋 輝)

「今年(nian)は年(nian)4~6回ほどの開催(cui)ですが、今後(hou)は2ヶ月に1回、毎月開催(cui)と、どんどん頻度を上げて日常に接続させていきたい。とはいえ、ただ数を増やすだけでは“飽き”が来るし、周りのお店との兼ね合いもあります。東加古川(chuan)軒先市(shi)場はkaku°だけでやっている取(qu)り組みではありません。無理がないように継続しつつ、地元のお店の方々や出店者(zhe)、足を運んでくださる皆様に、新しい風景と色んな可(ke)能(neng)性を感じてもらいたいですね」(西嶋さん)

オーナーとして店先に立(li)ち、街の日常を観察し続ける

東(dong)加古川軒先(xian)市場を日常に接続(xu)させるために、西嶋さんはあることをとても大事にしていると話す。

「僕はkaku°のオーナーとして“お店に立(li)ち続けること”を大事にしています。日常の景色は毎(mei)日お店に出て観察し続けないとわからない。日々のお客さんとの会(hui)話や、近隣のお店の人(ren)とのつながりもそこから生まれます。人(ren)となりって、会(hui)って話してみないとわからないところがあるじゃないですか」(西嶋さん)

コーヒーを淹れながら、日々エリアの日常をていねいに観察している。(写真提供:東 秀亮)

インターネットやSNSが全盛の時代であっても、人対人の関(guan)係はそうした飛び道具に頼(lai)らずていねいに積み上げ、築き上げてきた。その背景には、西嶋さんが考える市場文化の魅力がある。

「市場の良さって、ただ欲しいもの、ただ必要なものをお金を払(fu)って手にいれるという、狭(xia)義(yi)の意味(wei)での買(mai)い物(wu)にとどまらない部分だと思うんです。お店の人との挨拶であったり、立ち話であったり、そこから生まれる近過ぎず遠(yuan)過ぎずの関(guan)係(xi)であったり。買(mai)い物(wu)を豊かにするおまけがたくさんある。それはやっぱり、足を運(yun)んで顔を見て、会話して、少(shao)しずつ出来上がっていくものだと思います」(西嶋さん)

イベントでは出店者と来場者の間で積極的なコミュニケーションが起こる。

kaku°や東加(jia)古(gu)川(chuan)軒(xuan)先市場(chang)の根(gen)底には、幼少期の西嶋さんの原体験(yan)をつくった市場(chang)文(wen)化があった。お店や仕掛けだけでなく、自(zi)分自(zi)身が日常の暮(mu)らしに接続していくために、毎朝早(zao)くから店を開け、街の風景(jing)を望む西嶋さん。その目(mu)が映す風景(jing)が今(jin)後どのようにデザインされていくのか。少し先にあるエリアの未来は、「東加(jia)古(gu)川(chuan)軒(xuan)先市場(chang)」で目(mu)にすることができる。

マップ

東加古川軒先市場
JR神戸線「東加古川駅」から徒歩5分の、かつて市場があったエリアにて開催されているマルシェイベント。市内外から個性豊かな出店者が集まり、過去4回の開催では多くの来場者で賑わった。

プロフィール

西嶋 輝

デザイン事務所「and」 代表
kaku°-Coffee stand & Gallery space- オーナー
兵庫県加古(gu)川(chuan)市(shi)出身、加古(gu)川(chuan)市(shi)在住(zhu)。デザイン系専門学校卒業(ye)後(hou)、製版会社、広(guang)告制作会社を経て、加古(gu)川(chuan)市(shi)を拠点にデザイン事務所(suo)「and」を立ち上げる。2022年(nian)5月に同市(shi)に「kaku°-Coffee stand & Gallery space-」を開店(dian)。オーナーバリスタとして日(ri)々店(dian)舗に立ち続(xu)けている。

デザイン事務所「and」

kaku°-Coffee stand & Gallery space-

ライタープロフィール

中野広夢(Hiromu Nakano)

兵(bing)庫県を拠点として活動している編(bian)集ライター、カメラマン。Ropeth/ロペス代表(biao)。大学卒業後(hou)、小学校教諭、塾講師、保育士を経験。2019年からはコワーキングスペースのコミュニティマネージャーとして活動。まちづくりにも関わる。その後(hou)兵(bing)庫県播磨地域の情報誌(zhi)『まるはり』の編(bian)集・取材フォトライターを経て独立。

記事の一覧を見る

関連記事

インタビュー一覧へ