ピンボールマシン カオスホース

障害のある子どもたちとその家族の休日を一緒に楽しむ

アトリエ・エーが20年間で築き上げてきた関係性

2023.10.23 上條(tiao)桂子

渋谷区で活(huo)動するダウン症(zheng)や自閉症(zheng)の子どもたちを中心とした絵(hui)の教(jiao)室(shi)「アトリエ・エー」。2003年からスタートした教(jiao)室(shi)は今年20周年を迎えた。主宰(zai)者の赤(chi)荻徹さんに、改めてアトリエ・エーの成り立ちからコミュニティづくり、そして今後の話を伺った。

障害のある人と一緒に過ごす場所を作る

渋谷区で活動(dong)しているアトリエ・エー。ここは、月に一回ダウン症や自閉症の子どもたちを中心としてたくさんの人が集まり、自由な表現を発(fa)表する場所として活動(dong)する絵(hui)の教(jiao)(jiao)室(shi)だ。主宰者は赤(chi)荻(di)徹さん。2003年にスタートした教(jiao)(jiao)室(shi)は、今(jin)年で20周年を迎えた。

赤(chi)荻さんは、障(zhang)害(hai)(hai)児教(jiao)(jiao)育(yu)(yu)に従事する母の元で育(yu)(yu)ち、大学で教(jiao)(jiao)育(yu)(yu)学を専攻したことから、障(zhang)害(hai)(hai)のある人たちがとても身近な存(cun)在だったが、一(yi)方で映(ying)画や音楽(le)、雑誌などのカルチャーにどっぷりと漬かり、そのまま映(ying)画会社に就職する。数年(nian)後、ふと立ち止(zhi)まったとき、教(jiao)(jiao)育(yu)(yu)や福祉の現場を離れると、まったく障(zhang)害(hai)(hai)のある人たちと会う機会がないことに気づき、それなら自分(fen)で会う機会を作ろうと、障(zhang)害(hai)(hai)のある人たちが集まる場所を探した。

「母親が特別支援(yuan)学(xue)校の教(jiao)員だったことで、障害のある人がいつも近くにいる環(huan)境で育(yu)ちました。でも大(da)学(xue)生時代に映画や音楽など自(zi)分の興(xing)味の赴くままに過ごし、その延長線(xian)上で社会人となり数(shu)年が経(jing)ったとき、気がつくと周囲に障害のある人たちは誰もいなくなり、とても遠(yuan)い世界に来てしまったような感(gan)覚(jue)を覚(jue)えたんです」(赤(chi)荻(di)さん)

アトリエ・エーを始めた頃の赤荻徹さん(右)、現在も通い続けている京太郎くん(左)。

「ちょうどその時、2002年日(ri)(ri)韓(han)共催のワールドカップに合わせてダウン症児のサッカーチームを立(li)ち上げようとしている家族(zu)との出会いがあり、そのチーム(エイブルFC)にコーチとして参(can)加することになりました。そして翌年、チームのメンバーのひとりを自(zi)宅に泊(bo)めたことをきっかけに、ダウン症の子どもたち数人(ren)を自(zi)宅に招(zhao)いて絵の教室(shi)(アトリエ・エー)を始めました。休日(ri)(ri)や余暇(xia)を一緒に過ごす活(huo)動(dong)にはニーズがあると、メンバーの家族(zu)と話していて感じたからです」(赤荻(di)さん)

アウトサイダー・アートとの出会い

当初はアウトサイダー・アート(アール・ブリュット)に強く興味を持(chi)ち、アウトサイダー・アートを特集(ji)した雑誌「←→Special」の編(bian)集(ji)長を務め、日本(ben)全(quan)国(guo)の工(gong)房や福祉施(shi)設(she)に取材して作品集(ji)の編(bian)集(ji)にも携(xie)わった。そこで赤(chi)荻(di)さんは、日本(ben)のアウトサイダー・アートの最前線にいる団体と、自分の目指す活動との違いを感じるようになる。

「『遠足』というドキュメンタリー映画を通(tong)して知ったウィーン郊外のグギングや、キュレーターの小(xiao)出由紀子さんを通(tong)して知ったサンフランシスコのクリエイティブ・グロウスに憧れを持ち、アトリエ・エーを障(zhang)害のある人のアートの才能(neng)を発(fa)見して、彼(bi)らの社会進出を支援する場所にしたいと結構本気で考(kao)えていました。でも教室を始(shi)めて早々に、自(zi)分自(zi)身こそがアウトサイダー・アートに対(dui)する先(xian)入観にとらわれていることに気付き、大きなショックを受けたんです」(赤荻さん)

改めて障害(hai)のある子どもたちとその家(jia)(jia)族(zu)との関わりを持つことになったとき、ダウン症や自閉(bi)症の人たちと無邪気に一緒に遊んでいた幼少期の経験(yan)や、机上で学んだ大(da)学生(sheng)時代に得た知識では知ることができなかった、それぞれの子どもたちや家(jia)(jia)族(zu)の幾重(zhong)にも重(zhong)なる葛藤や困難などを聞いて、自分の活動を通(tong)して少しでも本(ben)人たちや家(jia)(jia)族(zu)の力になりたいと思うようになったという。 

「今となっては当(dang)たり前(qian)のことなんですが、同じくダウン症のある人(ren)でも、一人(ren)ひとりの絵はまったく違うし、アイドルやキャラクターの絵ばかりを描く人(ren)も、絵を描かない人(ren)もいる。『これがアウトサイダー・アートだ』と一概(gai)に言(yan)えない作品群を目の前(qian)にして、自分自身が持っていた固定観念が揺さぶられたんです。当(dang)時(shi)のスタッフにマジシャンがいたのですが、彼が『マジックと障害は、先(xian)入観が大きく影響するという意味でとても似ていると思う』と話(hua)したことがとても印象(xiang)に残っています」(赤(chi)荻(di)さん)

「もちろん彼らの作品(pin)にアートとして価(jia)値を付けて、その収益によって社(she)会進出や生(sheng)活(huo)の安定をサポートする企業(ye)や活(huo)動にはとても興味があり、今後学びを得(de)たいと考(kao)えてもいます。でも当時の自分(fen)は、アトリエ・エーに来た子どもたちやその家族全員を受け入れたかったし、何より作品(pin)を選別(bie)し、価(jia)値を付ける自信がまったくなかったんです。その頃に自分(fen)ができることとして考(kao)えた『誰(shui)もが参加できる場(chang)所にすること。参加者たちの表現(xian)のすべてを肯定し、みんなで祝福する場(chang)所にすること』という方針は今も変わらず、それがアトリエ・エーのスタイルになっています」(赤(chi)荻さん)

絵、工作に歌やダンス、何でもあり、最高に盛り上がる発表の時間。

アトリエ・エーの活動はいたってシンプルだ。休日の午前10時(shi)に渋谷区(qu)の施設に集合し、各々が好きな席で絵や工作(zuo)の創(chuang)作(zuo)に取り組む。ボランティアスタッフとしてデザイナーやイラストレーター、ミュージシャンや編集者(zhe)など職種(zhong)も背景(jing)も多(duo)彩な大人たちがかかわり、そうしたスタッフたちは順(shun)々に子どもたちの横に座り、創(chuang)作(zuo)に必(bi)要なサポートをする。11時(shi)を過ぎると、みんなが待ちに待った発表の時(shi)間(jian)だ。

子どもたちはその日に自分が作った作品(pin)や、家で作ってきた作品(pin)、みんなに見(jian)せたいものを胸に抱(bao)えて発(fa)表(biao)の列に並ぶ。一人(ren)で行くのが緊(jin)張してしまう子や、発(fa)表(biao)にサポートが必要な人(ren)は、スタッフを連(lian)れて並ぶ。教室(shi)の前(qian)方に赤荻さんが立ち、一人(ren)ひとりの発(fa)表(biao)に耳(er)を傾(qing)け、作品(pin)を掲げて褒め讃(zan)える。スタッフも全員(yuan)が発(fa)表(biao)者に注目し、耳(er)を傾(qing)け、拍手(shou)をする。毎(mei)回(hui)クイズを出す子もいれば、その場(chang)で両親(qin)への手(shou)紙を読み上げる子もいるし、ダンスを踊り出す子もいる。発(fa)表(biao)したくない子はしなくていい。全員(yuan)の発(fa)表(biao)が終わると片(pian)づけをし、昼には終了(le)する。月(yue)に1回(hui)、2時間。毎(mei)回(hui)がこの繰り返(fan)しだ。

自由(you)に制(zhi)作、そして発表というシンプルなスタイルになったのは、かなり早い段階からだ。当初はグラフィックデザイナーやアーティストのスタッフと相談(tan)して課題を作成したりしていたが、課題を出(chu)した途端に絵が止(zhi)まってしまう子(zi)や、明らかに乗り気(qi)じゃない子(zi)もおり、そうした制(zhi)約はすべて取り払(fu)って、最(zui)後に「今日はこれを描(miao)きました」と発表するだけのシンプルなスタイルに変えた。

「子(zi)どもたちの発(fa)表(biao)は限りなく自由(you)で、絵を発(fa)表(biao)するだけではなく、クイズを出(chu)したり、ダンスをしたりする参加者(zhe)もいます。表(biao)現(xian)せずにはいられないという衝(chong)動(dong)をみんなで共有し祝福するこの発(fa)表(biao)が、とにかくすごく面白くて、今(jin)ではすっかりこの時間がアトリエ・エーの活動(dong)の軸になっています」(赤(chi)荻さん)

各回の参加(jia)人数は、障害の有無にかかわらず子どもたちが20名(ming)程度、スタッフが10名(ming)から子どもたちと同数程度、付添いの家族もほとんどが一緒の教室で見守っている。初(chu)めて参加(jia)する子もいれば、20年間通い続けている子(当(dang)初(chu)小学生だった子どもたちが現在では30代(dai)に)もいるし、5年ぶりに参加(jia)する子もいる。スタッフも赤(chi)荻さん夫(fu)妻と、当(dang)初(chu)から参加(jia)するグラフィックデザイナーの横須賀拓(tuo)さん以外はほぼ流動的だ。数年に渡って参加(jia)する固(gu)定のスタッフもいるものの本(ben)当(dang)にさまざま。この20年で子どもたちとスタッフを合わせて200名(ming)以上がアトリエ・エーに参加(jia)してきた。

何年にも渡って継(ji)続して子どもたちの発表に寄り添っていると、日(ri)常(chang)(chang)にある些(xie)細な出来事が子どもたちの作(zuo)品(pin)や表現(xian)(xian)に多(duo)く現(xian)(xian)れることに気付(fu)く。その日(ri)常(chang)(chang)に散りばめられた創作(zuo)の種を一緒(xu)に探すことは、彼(bi)らの日(ri)々の生活史をのぞかせてもらっているようでとても興(xing)味(wei)深いことだと赤荻さん。こうして発表が軸になったことで、次第(di)に教(jiao)室(shi)の外側からの価値観や美意識を持ってアートとして作(zuo)品(pin)や表現(xian)(xian)に向(xiang)き合(he)う活動(dong)ではなく、日(ri)常(chang)(chang)を一緒(xu)に楽しむ活動(dong)に変わってきた。

初期(qi)は、スタッフに対して担当する子(zi)がどういう障害や特性を持っているかを共(gong)有していたが、そうした情報を事前(qian)に共(gong)有する必(bi)要がないことも、活動を継続するなかで発(fa)見した。子(zi)どもたちとスタッフは、たまたまその日(ri)に隣に座っただけの関係でスタートするが、会話と作品を手掛かりにしておたがいがどんな風(feng)(feng)に世(shi)界を見ているかを知(zhi)ろうとする。その「どんな風(feng)(feng)に世(shi)界を見ているか」に好奇心を持つことが重要だと赤(chi)荻さんは言う。

「そこから相手への興味がはじまり、自然にお互いを支え合う気(qi)持ちが芽生えてくると思(si)うのです。こうした経緯があって、アトリエ・エーは絵(hui)を描かなくてもいい絵(hui)の教室になり、子どもたちとその家族とスタッフが混じり合う交流拠点として、他にはない独(du)自性を帯びてきたと思(si)います」(赤荻さん)

絵を描いてもいいし、描かなくてもいい。発(fa)表(biao)もしたい人だけすればいい。そして、よほどの配慮が必(bi)要(yao)な子(zi)(zi)どもに接する場合以外は、初めてスタッフとして参加しても特(te)に事前の説明はなし。必(bi)要(yao)なことは自分で聞けばいいし、子(zi)(zi)どもたちも嫌なことは嫌だと伝えればいい。それも含めて、子(zi)(zi)どもたちとスタッフが一(yi)期一(yi)会で、一(yi)緒に時間を過ごす。赤(chi)荻さんは、子(zi)(zi)どもたちにもスタッフにも、おたがいに新(xin)しい出会いで感じる緊張や戸惑(huo)いも込みで交流してもらいたいと話(hua)す。

何よりも自分が楽しんでやる。すると、その空気は周囲に広がっていく

2023年(nian)でアトリエ・エーは20周年(nian)を迎(ying)える。通常(chang)の活動(dong)に加(jia)えて、約10年(nian)にわたってボランティアスタッフとして参(can)加(jia)している古田泰子(zi)さんがデザイナーを務(wu)めるTOGAからTシャツやトートバックを発売したり、NPO法人AITで発足(zu)したプロジェクト「ディアミー」と、オランダの美(mei)術館(guan)ミュージアム・オブ・マインドとのコラボレーションによるアートプロジェクト「CAT」に参(can)画(hua)し、美(mei)術館(guan)鑑(jian)賞ツアーを実施したり、子(zi)供(gong)向けのTV番組(zu)の制(zhi)作に協力したりとイベントが目白押しだ。

さらに言(yan)うと、赤荻さんはこれまでに、自身の3人いる子(zi)どもの小中学校(xiao)でPTA会(hui)長や副(fu)会(hui)長を歴任したり、民生委員(yuan)やアトリエ・エーを開催する区の社会(hui)教育館の文化(hua)祭実行委員(yuan)長を務めたりと、積極的に地(di)域活動(dong)にも参加してきた。そのバイタリティはどこから来るのだろうか、そして、地(di)域を巻(juan)き込んで継続(xu)した活動(dong)をしていくために必要(yao)なことは何(he)だろうかと尋ねると、ひとつの印象的なエピソードを話してくれた。

TOGA × atelier Aで発売された商品。(左)トートバッグ プラレール/星野雅和、(右)Tシャツ 通路/土岐健太。
TOGA × atelier Aで発売された商品。(左)Tシャツ プラレール/星野雅和、(右)Tシャツ カクテルシリーズ/稲坂厳。

10年ほど前(qian)のとても寒い日、サッカー教室「エイブルFC」の練習の開始時間になっても一(yi)向に誰(shui)も来ない。赤荻さんが一(yi)人ぼっちで体育館にゴールやボールを準備した後、妻の洋子さんに誰(shui)も来ないと電話したら、「好きでやってるんだからしょうがない」と軽くあしらわれたのだという。

「結局その日(ri)は、後にたくさんの子どもたちが来てくれて、無(wu)事にサッカーすることができたんですが、『確かにその通(tong)りだ』と腑に落ちたというか。活動を始めた当初は、場(chang)所(suo)や機会(hui)を作ることで、主(zhu)(zhu)宰者として参加者に何(he)かを与えているように錯覚していた時(shi)期もあったのですが、今思うと、人が集まる場(chang)所(suo)をつくり、その場(chang)所(suo)を継続していく時(shi)には、主(zhu)(zhu)宰者がそうした感(gan)覚では集まらないし、続かないと思う」(赤荻(di)さん)

自分を起点とした活動をスタートして、継(ji)続(xu)していこうと決めた時(shi)に重要(yao)なことは、たとえ誰(shui)も来なくても自分が必ずその場所にいてオープンな状態にしておく、そして休まないで続(xu)けることだと赤(chi)荻さんは言(yan)う。

「僕にとってはPTAや地(di)域の活(huo)動(dong)も同(tong)じです。これまでの経(jing)験(yan)から言えることがあるとすれば、まずコミュニティを作る側が、率先して楽(le)(le)(le)しく活(huo)動(dong)するということが最(zui)も重要だということです。楽(le)(le)(le)しい場所には自(zi)然と人(ren)が集まってきます。もし集まって来(lai)(lai)なかったとしても、自(zi)分(fen)たちが楽(le)(le)(le)しく活(huo)動(dong)できたらそれでいいと思う。来(lai)(lai)たい人(ren)が来(lai)(lai)れる時に来(lai)(lai)て一緒(xu)に楽(le)(le)(le)しむ、アトリエ・エーやエイブルFCの活(huo)動(dong)は、それぐらいの『軽やかさ』でありたいといつも思っています」(赤荻さん)

活動を継続していくこと

赤(chi)荻さん個(ge)人から始(shi)まった活動(dong)だからできることがある。アトリエ・エーが担(dan)っているのは、障害のある子(zi)どもたちとその家族(zu)の休日(ri)や余暇の活動(dong)場所だ。教(jiao)(jiao)室(shi)は月(yue)に一(yi)回(hui)(サッカー教(jiao)(jiao)室(shi)参加(jia)者は月(yue)に二回(hui))、土日(ri)いずれかの活動(dong)であり余暇の時間(jian)だからといって、これまで活動(dong)を続けてきた年月(yue)や回(hui)数(shu)を甘(gan)く見(jian)てはいけない。20年という時間(jian)は、ちょうど子(zi)どもが生まれてから成人するまでの年月(yue)であり、実際に赤(chi)荻さん自身の3人の子(zi)どもたちはアトリエ・エーとともにぐんぐん成長していて、長女(nv)はもう大学生だ。

「ダウン症や自(zi)閉症のある本人とのかかわりが第(di)一でとても大切にしていますが、その親や家族とのかかわりも僕(pu)にとっては同じくらい重要です。アトリエ・エーをどこかで知(zhi)って参加するまで、それぞれの家族は本当(dang)にたくさんの葛(ge)藤や困(kun)難を含む出(chu)来事を経てきています。活動(dong)を始めた当(dang)初は、自(zi)分が障害のある人の家族でもなく、福(fu)祉や教(jiao)育に携わる専門職に就いているわけでもないことに、引(yin)け目(mu)のようなものを感じることもありましたが、20年間続けてきたことで、ようやく自(zi)分にもできることがある、力になれることがあると思(si)えるようになってきました」(赤荻さん)

最近は、ボランティアで長年参加(jia)しているスタッフたちにも子(zi)どもが生まれ、子(zi)連(lian)れで参加(jia)するスタッフもたくさん増えた。筆者も子(zi)連(lian)れで参加(jia)しているボランティアスタッフの一(yi)人だが、アトリエ・エーのメンバーは、たまにしか会うことはないものの、子(zi)どもの成長を一(yi)緒に見守(shou)ってくれている大(da)切なコミュニティだ。障(zhang)害(hai)のある子(zi)どもたちとその家族、ボランティアスタッフとその家族を含め、アトリエ・エーは一(yi)つの大(da)きなコミュニティとなっているのだ。

「福祉(zhi)施設の現場(chang)などの専門的(de)なスキルや役割を必要とするサポートの外側(ce)には、家族(zu)を含(han)めたその外側(ce)の日常生活(huo)がたくさんあって、少しでも同(tong)じ時間や場(chang)所を共にすることでできることがあると思(si)(si)っています。例えば学校生活(huo)を終えると少なくなる新しい出会(hui)いや交流を通して、周(zhou)囲とのかかわりを積極的(de)に保つことに寄与することなど、休(xiu)日や余(yu)暇の活(huo)動だからこそできる経験(yan)を子どもたちと共有していきたいと思(si)(si)っています」(赤(chi)荻さん)

「アトリエ・エーでの発表の時間、子どもたちに一番近い場所(suo)からその表情(qing)を見(jian)ていて毎回感じることは、彼らは本当(dang)に全(quan)身全(quan)霊で一生(sheng)懸命に思いを伝(yun)(yun)えようとしているということです。話すことができなくても、うまく言葉にならなくても、こんなに一生(sheng)懸命に伝(yun)(yun)えようとしてくれているのだから、僕は絶対に聞(wen)き逃してはいけない、全(quan)部(bu)を受け止めたいと思って、いつも子どもたちに向き合っています。そんな時、ふと教室(shi)を見(jian)渡すと、たくさんのスタッフが一緒に向き合ってくれていて、最後(hou)列にはそれを本当(dang)にうれしそうに見(jian)守る子どもたちのお父さんやお母さんがいます。アトリエ・エーとはそういう場所(suo)です」(赤荻さん)

この20年(nian)間、子どもたちは日(ri)々成長を重ねている。変化に富んだ日(ri)常を過ごしているから、発表は毎回必ず新しく、間違いなく面白い。場所による人(ren)(ren)数(shu)の制限はあるが、アトリエ・エーのことを知って興味を持ってくれた人(ren)(ren)には、障害(hai)のある人(ren)(ren)との接(jie)点(dian)がない人(ren)(ren)であっても、とにかく一度(du)参加してみて欲しいと赤荻さん。

アトリエ・エーを主宰する赤荻徹さん(右)と洋子さん(左)。

「一度だけでもたくさんの子どもたちが集まる教室に来ると、それからの世界(jie)が変わることは間(jian)違いないと思(si)うのです。僕たちは障(zhang)害のある人と一緒の世界(jie)に生きています。でもアトリエ・エーで一緒に時間(jian)を過ごすとき、そこには障(zhang)害はありません」(赤荻さん)

今後は30周(zhou)年に向けてNPO法(fa)人にしたり、展覧会を開催したり、いろいろなプランを考えているそう。それでも、基(ji)本的な活(huo)動(dong)や考え方(fang)は変わらないだろう。アトリエ・エーが次世(shi)代(dai)にどう受け継がれていくのか、どういったコミュニティに成(cheng)長(chang)していくのか楽しみだ。

マップ

CAT 

TOGA×atelier A 

Instagram 

プロフィール

atelier A(アトリエ・エー)

アトリエ・エーは、ダウン症や自閉症の子供たちを中心に、自由な表現を発表する場所として東京・渋谷で活動する絵の教室。主宰者である赤荻徹は、2002年からダウン症の子供たちのサッカーチーム「エイブルFC」のコーチを務め、翌2003年、妻の洋子と共に「アトリエ・エー」を設立。スタッフとしてデザイナーやイラストレーター、ミュージシャンや編集者など職種も背景も多彩な大人たちがかかわり、年令や障害の有無を越えて、予期せぬ出会いや共に過ごす時間を通して新しい交流が生まれることを楽しみながら活動している。
Web
instagram

ライタープロフィール

上條桂子(Keiko Kamijo)

編(bian)集者(zhe)、ライター。武蔵野美術大学(xue)非常勤講師。「BRUTUS」「花椿」等の媒体(ti)で取(qu)材執(zhi)筆を担当(dang)。担当(dang)した書籍に『北欧デザインの考え方』(渡部(bu)千春著/誠文(wen)堂新光社)、『ROVAのフランスカルチャーA to Z』(小柳帝著/アスペクト)、『お直し とか カルストゥラ』(横(heng)尾香央留著/青(qing)幻舎)。編(bian)著書に『玩具とデザイン』(青(qing)幻舎)。

記事の一覧を見る

関連記事

インタビュー一覧へ