ピンボールマシン カオスホース

29

障害のある子どもたちとその家族の休日を一緒に楽しむ

2023.10.23 上條桂子

アトリエ・エーが20年(nian)間で築き上げてきた関係性

渋谷区で活動(dong)するダウン症や自閉(bi)症の子どもたちを中心(xin)とした絵の教室「アトリエ・エー」。2003年からスタートした教室は今年20周年を迎(ying)えた。主宰者の赤荻(di)徹(che)さんに、改(gai)めてアトリエ・エーの成り立ちからコミュニティづくり、そして今後の話(hua)を伺った。

28

旧市場に再び息吹を与える「東加古川軒先市場」

2023.9.13 中野広夢

狙いは日(ri)(ri)常。仕(shi)掛けは非日(ri)(ri)常。

祭(ji)りの後(hou)の静けさといったらない。空前(qian)の地方創(chuang)生ブーム。各(ge)地でイベントは増えたものの、それはあくまで非日常(chang)(chang)に限られたものであり、開(kai)催前(qian)後(hou)は寂しいものだ。暮らしの大半(ban)を占める日常(chang)(chang)を豊かにするために、土壌である街をどのようにデザインするべきか。そのヒントが「東(dong)加古川軒先市場」にはある。

27

「徳島・女性・文学」がテーマの文芸誌『巣』

2023.6.7 友(you)川綾子

根のある土地(di)から表現する

文(wen)(wen)芸作家なかむらあゆみさんが発(fa)行(xing)する文(wen)(wen)芸誌『巣(chao)』。Twitter上で、「獲得した文(wen)(wen)学賞の賞金で制作する」と発(fa)表(biao)された冊子だ。フォロワーからは「行(xing)動する文(wen)(wen)芸人」と賞賛され、発(fa)行(xing)前から注目が集まった。なぜいま「地(di)方の文(wen)(wen)芸同人誌」に注目が集まるのか。なかむらさんに話を聞いた。

26

月に数日だけオープンする映画館「アウトクロップシネマ」

2023.4.30 橋本誠

つくり手(shou)自らがオープンした、映像表現との出会(hui)いと語(yu)らいの場づくり

映(ying)画に限(xian)らず、文(wen)化施設が少ない地域でどのように人は作品(pin)や表現に出会い、語らうことができるだろうか。映(ying)像のつくり手自(zi)らがオープンした秋(qiu)田(tian)の映(ying)画館(guan)は、月に数(shu)日の「食(shi)事(shi)つき上映(ying)」という仕組(zu)みを導入している。

25

公民館のようなモデルハウス「BRIDGE THE BLUE BORDER.」

2023.4.10 半田孝輔

地域工務(wu)店が生み出(chu)す新たな価値

モデルハウスと聞くと「新築を購入したい人が見に行く場所(suo)」というイメージが一般(ban)的かもしれない。しかし、宮崎県高鍋町には公民館のような多(duo)様な人が集うモデルハウスがある。もはや単なるモデルハウスを超えて地域のコミュニティとして機能しているのだ。

24

ローカルとつながるアートセンター

2023.1.30 高岡謙(qian)太郎

山口情報芸術センター[YCAM]

地(di)域(yu)との接点をつくろうとするアート施設は国内に多(duo)数ある。その中でも「山口(kou)情報(bao)芸術センター[YCAM]」(以下、YCAM)は、メディア・テクノロジーを用いた新(xin)(xin)しい表現の探(tan)求を目的(de)としているユニークな施設だ。特(te)徴(zheng)的(de)なのは、アーティストと協業して新(xin)(xin)作のインスタレーションやパフォーミングアーツ作品(pin)の制作を行ってきたこと。ゼロから作り上げられた新(xin)(xin)作を見れるとあって、県外(wai)からアートファンが多(duo)く訪れている。

23

移住サラリーマン、はじめての本づくりに挑む

2022.10.6 須(xu)鼻美緒

『迷(mi)路のまちの小さな美(mei)術館の挑戦』ができるまで

2020年から動(dong)きはじめた小(xiao)豆(dou)島・迷(mi)路(lu)のまちの「妖怪美(mei)術(shu)館」本の出(chu)版(ban)プロジェクト。2022年10月、2年かけてようやく書籍(ji)『迷(mi)路(lu)のまちの小(xiao)さな美(mei)術(shu)館の挑(tiao)戦』が完成しました。著者である佐藤秀司(si)さんに、本ができるまでの苦労や紆(yu)余曲折について、編集担当の須(xu)鼻美(mei)緒が話を聞きました。

22

福島の「地のデザイン」をめざして

2022.2.14 三島早希(xi)

10年目のヘルベチカデザイン

2021年(nian)の8月に10年(nian)目を迎えたヘルベチカデザイン株(zhu)式会社は福(fu)島県郡山市(shi)にあるデザイン事務所。福(fu)島という土地に根差した「地のデザイン」を目指すヘルベチカデザインは、デザインの枠を超えた活(huo)動(dong)によって注(zhu)目される存在だ。

21

15年の歴史を刻んできた「そらあるき」の現在

2021.9.22 友(you)川綾子(zi)

コロナ禍で3年ぶりの臨時号(hao)を発(fa)行したわけ

今年4月に3年ぶりに刊行された「そらあるき」は、2005年から続くローカルリトルプレスの草分け的存在だ。編集長は金沢でアンティーク店(dian)を営む塩井増秧さん。最(zui)新号(hao)は、コロナ禍でのエッセイや書評など26名(ming)の寄稿で編まれている。

20

地域や社会の課題を解決する編集というアプローチ

2021.2.27 EDIT LOCAL LABORATORY事務局

『新世(shi)代エディターズファイル』編(bian)著者(zhe)による編(bian)集放談

2021年3月、EDIT LOCALにもゆかりのある5人の編(bian)集(ji)者らが手(shou)がけた『新世(shi)代エディターズファイル 越境する編(bian)集(ji)ーデジタルからコミュニティ、行政まで』(BNN)が発売(mai)。日本全国+アジアの編(bian)集(ji)者を集(ji)めた、いままでにない「編(bian)集(ji)者見(jian)本帳」だ。本書にも収録されている編(bian)著者による座談会を刊行に合(he)わせ特別に全文掲載する。

19

映像を軸にコミュニティをつくる「道東テレビ」

2020.10.28 菊池(chi)百合(he)子

北(bei)海(hai)道(dao)・道(dao)東エリアに根付く映(ying)像メディア

2020年7月に放映された『1億人の大(da)質問(wen)!?笑ってコラえて!』の人気コーナー「日本列島(dao) ダーツの旅」で、地方(fang)在住(zhu)の元番組スタッフがロケを担当した。それが、2016年に北海(hai)道の津別町に移住(zhu)し「道東(dong)テレビ」を立ち上(shang)げた立川彰さんだ。

18

福岡と東京を拠点にローカルを編集する「TISSUE Inc.」

2020.4.12 佐藤渉

地(di)域文(wen)化をリブートするクリエイティブディレクション力とは?

空港(gang)が近(jin)い、家(jia)賃が安(an)い、メシがうまい。地方移(yi)(yi)住(zhu)や二拠点(dian)生(sheng)活の候補地としてたびたび名(ming)前(qian)を聞く福岡に、東京で活躍していた編集(ji)者・桜(ying)井祐さんが移(yi)(yi)住(zhu)したのは数年(nian)前(qian)。早々に自身の組織(zhi)と出版レーベルを立ち上(shang)げ、多様(yang)な分野の編集(ji)とディレクションを行なっている。これまでの歩みと編集(ji)の仕事にかける思いを聞いた。

17

全国の珍スポットを取り上げる『東京別視点ガイド』

2020.3.23 高岡(gang)謙(qian)太(tai)郎

”別視点”でまちを眺めるメディアがツアーまで行うわけ

珍スポットは、一(yi)風変(bian)(bian)わった観(guan)光施設や観(guan)光地のこと。風変(bian)(bian)わりな場所を散策することが趣味の方は実はかなり存(cun)在する。2011年4月から始まった珍スポットや珍イベントを紹介(jie)するメディア『東京別(bie)視点ガイド』代(dai)表の松(song)澤茂(mao)信さんに話を聞いた。

16

名古屋から文化を発信『LIVERARY』

2019.9.28 上(shang)浦未来

”ローカルカルチャー”webマガジンのつくりかた

2013年(nian)に誕生したWebマガジン『LIVERARY』。名(ming)古屋を中心に愛知(zhi)・岐阜・三重のことをさす“東海エリア”のローカルなカルチャートピックを紹介・提案している。編集、執筆、ときにデザインまで担当する共同発起(qi)人であり、企画(hua)・編集者の武部敬俊さんに、メディアの拡げ方、マネタイズについて話を伺った。

15

盛岡の日常をアーカイブする。雑誌「てくり」

2019.7.15 北山公路

誌(zhi)面(mian)だけでなくお店(dian)もプロデュースする「まちの編集(ji)室」とは?

創(chuang)刊から14年続く、ローカルメディアとしては老(lao)舗の雑(za)誌てくり。しかし、てくりが創(chuang)刊した当時は主(zhu)流(liu)だった紙媒体だが、今では地方発信もwebが主(zhu)流(liu)となってきている。そんな中(zhong)、雑(za)誌という形態を選び続ける理由はなにか。編集メンバーに話(hua)を聞(wen)いた。

14

神戸で大人気のお笑い系地域抗争「ちいきいと」とは?

2019.5.14 大迫力

写真とトークで競(jing)い合(he)う、地元ネタ自慢(man)バトル。

地域(yu)の魅力を掘り起こすメディアは日本中に数あれど、写真を使った「大喜(xi)(xi)利(li)」で、というのはちょっと聞いたことがない。神戸(hu)市内各地で開催されている「ちいきいと」は、お題に沿(yan)って街の写真を紹介(jie)していく大喜(xi)(xi)利(li)スタイルの地元ネタ自(zi)慢バトル。街をよく知(zhi)るプレゼンテーターたちが繰り広げるローカルトークに笑いが巻き起こる大人気イベントだ。

13

読谷村からクリエイターをつなぐ「手手」

2019.2.15 友川綾子

沖(chong)縄(sheng)に移住した夫(fu)婦が手がけるローカルメディア

いまからちょうど10年(nian)ほど前、2007年(nian)の沖縄県(xian)読(du)谷村(cun)(よみたんそん)で、地(di)元クリエイターが手弁(bian)当で制作した「手手」という小(xiao)冊子が発行(xing)(xing)された。これまでたった2号しか発行(xing)(xing)されていないが、いまだに地(di)域内(nei)外(wai)で読(du)み継がれ、読(du)谷村(cun)を県(xian)内(nei)外(wai)とつなげている。

12

地域に根付く出版とは? アタシ社・本と屯

2019.1.20 吉(ji)田真緒

地(di)元出版社という強みを活かす

ミネシンゴさんと三(san)(san)根かよこさんが夫(fu)婦で営む出版社「アタシ社」。2017年の11月からマグロで有名(ming)な神(shen)奈川県・三(san)(san)浦市三(san)(san)崎に事務所を移転し、ゆっくりと地域に根をおろしながら、自(zi)分(fen)たちのスタイルでメディアづくりを続けている。

11

『南部再生』に見る、愛される地元メディアのつくり方

2018.11.5 大(da)迫力

オープンな編集会議(yi)を通(tong)して、 「関わりしろ」を増やす。

脱(tuo)力感が笑いを誘(you)う表紙と、「R75」「そうだ選(xuan)挙、いこう」「オール阪(ban)神(shen)阪(ban)急」など洒(sa)落っ気たっぷりのタイトル、そして「はじめてのスナック」「町内会(hui)の世界」「尼とギャンブル」など地(di)元(yuan)感溢れるテーマ。兵庫県尼崎市で発行されるフリーマガジンは、関西では知(zhi)る人(ren)ぞ知(zhi)るローカルメディアだ。

10

足りないものはまちを使う。「かみいけ木賃文化ネットワーク」

2018.10.30 友川綾子(zi)

「山田荘」「くすのき荘」二つの”木(mu)賃”物件がシンクロしまちとつながる

JR、東京(jing)メトロの複数路(lu)線が乗(cheng)り入れるターミナル池袋駅(yi)から、東武東上線の各駅(yi)停車にひと駅(yi)乗(cheng)ると、低層(ceng)の住宅(zhai)がどこまでも続く、都会(hui)のエアポケットのようなまち、上池袋にたどり着く。戦後(hou)、「木賃(lin)(もくちん)」と呼ばれる木造(zao)の賃(lin)貸(dai)アパートが多(duo)く建築(zhu)されたこのまちで、”木賃(lin)文化”を盛(sheng)り上げようと夫婦で活(huo)動する「山本山田」に話を聞(wen)いた。

9

まちと訪れる人をつなぐ「星野リゾート OMO5 東京大塚」

2018.9.3 小(xiao)西七重

"旅(lv)のテンションを上げる都市観光ホテル”とは?

「Go-KINJO」マップや「OMOレンジャー」といった、まちとホテルをつなぐ仕(shi)組みをインストールし東(dong)京(jing)・大塚(zhong)にオープンした「星野リゾート OMO5大塚(zhong)」。スタッフが自ら開(kai)拓(tuo)したまちのコンテンツを”編集”し、宿泊客(ke)とまちの人をつなぐ「星野リゾート OMO5大塚(zhong)」の取り組みは、これからの都市型(xing)ホテルのあり方を示してくれる。

8

新駅ビル工事の仮囲い壁面を季刊誌に「have a Yokohama」

2018.5.30 友川綾子

市民・行政(zheng)・企(qi)業が一(yi)体(ti)となった編集室(shi)を結成し、地元市民と関係をつくる

2015年から横浜駅西口で始まった新駅ビルの造成工(gong)事。完成する2020年まで、工(gong)事のために長(chang)期間、巨大な工(gong)事用の仮囲いが出(chu)現している。利(li)用者が毎日(ri)目にする仮囲いの風景を、鉄道事業者としてどう活(huo)用したらいいのか? その答(da)えは、地(di)域(yu)とつながるメディアづくりだった。

7

劇場がメディアをつくる「CIRCULATION KYOTO」

2018.4.29 ヘメンディンガー綾

京都のまちの見方を変えるローカルメディアワークショップ

京都(dou)市左(zuo)京区(qu)にある劇場「ロームシアター京都(dou)」が、1年かけて市民とともに京都(dou)のローカルメディアをつくるワークショップ「CIRCULATION KYOTO」を実施(shi)(shi)。2018年3月には成果を発表するトークショーが開催された。メディアを媒介(jie)に京都(dou)という土地(di)の特殊性と、文化施(shi)(shi)設と地(di)域市民との新しい“つなぎかた”が見えてくる。

6

まちを”編集”するHAGI STUDIO

2018.3.5 矢嶋桃子

谷中(zhong)エリアを中(zhong)心にリノベーションによるまちづくりを推進するHAGI STUDIOのこれまでとこれから

東京(jing)の下町・谷中で、古い建物をリノベーションし、新たな価値を提供する「HAGI STUDIO」。「HAGISO」、「hanare」、「TAYORI」、「KLASS」と、その試みは地域(yu)を巻き込み、「日常」を自分たちなりの切り口で、内外(wai)の人たちに提示している。今回は食材の生産者とお客さんを手(shou)紙でつなぐ総菜屋(wu)「TAYORI」でお話(hua)を伺った。

5

宿×出版「真鶴出版」

2018.1.26 吉田真緒

真(zhen)鶴の魅力(li)を地域(yu)の内(nei)外へ発信する、泊まれる出(chu)版社

神奈川県の南西部(bu)に位置(zhi)し、昔ながらの情緒や人付き合いが残る半島、真鶴。2015年に移住してきた川口瞬さんと來住友美さんが立ち上げた「真鶴出版(ban)」は、出版(ban)社(she)と宿(su)が一緒になったスタイルで、内外の人たちに真鶴の魅力を伝えている。

4

ワインツーリズムやまなし『br』

2017.12.23 小西七重

山梨県産ワインをブランド化した戦略的メディアの在り方

ほんの10年(nian)前までは誰(shui)も見(jian)向きもしなかったが、ここ数年(nian)で急速(su)に注目を浴びている国産ワイン。日本のワイン発祥の地である山梨(li)県でも、地元の人(ren)にすら飲まれていなかった。「薄い」「おいしくない」といったマイナスイメージがつきまとっていた県産ワインを、「飲んでみたい」ブランドに押し上げたローカルメディアが『br』だ。

3

浜松・ゆりの木通り商店街マップ

2017.11.17 友川綾子

商店街(jie)のバラエティ豊かな楽しみ方をイラストマップで伝(yun)えたい

浜松駅徒(tu)歩10分に位置するゆりの木通り商店(dian)街がいま、歴史を感じさせる趣のあるビルをリノベーションした新店(dian)舗(pu)などで話題を集めている。その盛り上がりに一(yi)役買(mai)っているが、個性あふれるイラストマップだ。

2

星羊社 『はま太郎』

2017.9.29 友(you)川綾(ling)子

市(shi)民酒場を掘り下(xia)げて、横浜の下(xia)町の歴史と今(jin)に光をあてる

「おじさんたちの聖域」といわれる横浜のディープ呑(tun)(tun)み屋街・野毛(mao)。ここ最近(jin)では気軽に呑(tun)(tun)めるお洒落な立ち呑(tun)(tun)み屋も増え、若(ruo)者や女(nv)性(xing)ひとり客も増えてきた。この野毛(mao)を中心に「横濱(bin)で飲みたい人の読む肴(yao)」と銘(ming)打って酒(jiu)場文化を紹介する人気雑誌『はま太郎』が、横浜の歴史と今をつなげる役割を果たしている。

1

福井新聞まちづくり企画班

2017.9.29 影山裕(yu)樹

二次元の紙面づくりから立体的(de)なまちづくりへ

福(fu)井(jing)県福(fu)井(jing)市の老(lao)舗地元新聞社「福(fu)井(jing)新聞」には、記者たちが集まって立ち上(shang)げられた一風変わったチームがある。その名も「まちづくり企(qi)画班(ban)」。まちのことを取材するだけではなく、カフェとコワーキングスペースを運営(ying)するなど、プレイヤーとして実際(ji)のまちづくりに携わっている。