ピンボールマシン カオスホース

“池袋ローカル”な活動を考える「IKEBUKURO MEME」レポート

2023.6.8 齋藤結

桜が満(man)開を迎えた2023年3月(yue)25日、「」がRYOZAN PARK LOUNGEにて開催されました。今回のイベントは、2022年に行われたワークショップ「IKEBUKURO MEME」の試みを振り返りつつ、様々なバックグラウンドを持つ参加者とローカルな活(huo)動の意味やその可能性を考える機会(hui)となりました。制作アシスタントとして携わったEDIT LOCALインターンの齋藤結が、ワークショップ初回から報告(gao)会(hui)までをレポートします。

LOCAL MEME Projectsから新たなプロジェクトが始動

IKEBUKURO MEME」とは、東(dong)京・池袋(dai)(dai)を舞台に、まちでの暮らしを豊かにする「大人(ren)の部活」を構(gou)想する市民向けワークショップです。では、地域の文化的遺伝子(=MEME)を未来へと引(yin)き継(ji)ぐために、これまでも日本各地でワークショップを開(kai)催してきました。今回は「週末起(qi)業(ye)」「多文化共生(sheng)」「子育て」という3つのテーマのもと、池袋(dai)(dai)に関心を持(chi)つ約20名の参加者がサンシャインシティに集結。池袋(dai)(dai)周辺や地域活性化に精(jing)通した講師やローカルメンターをお招きし、レクチャーやグループワーク、フィールドワークを通じて新たなプロジェクトを生(sheng)み出すという試(shi)みです。

レクチャーには、LOCAL MEME projectsの企画運営者である影山(shan)裕樹さん(千十一編集室代表)と、今(jin)回講師を務められる飯石藍さん飯石藍さん(公共R不(bu)動産メディア事業部マネージャー・株式会社nest取締(di)役)、上杉洋二さん(日本政策金融公庫)をお招きしました。

影山さんからは「地(di)域(yu)編集」をキーワードに、地(di)域(yu)課題を解(jie)決する「異なるコミュニティをつなぐ」手法について、事例を交えてご説明(ming)いただきました。「トキワ荘」や「乙女ロード」「木造密集地(di)帯」など池(chi)袋にまつわるキーワードが書かれたMEMEカードと、「展示会(hui)」「マルシェ」「お祭り」などのアイデアが書かれたPLANカードを組み合わせて、柔軟にプロジェクトを構想(xiang)するためのワークショップも行われました。

飯(fan)(fan)石さんからは、池(chi)袋の地域(yu)で活動されているパイオニアとして、ご自身の経歴やこれまでの活動についてご紹介いただきました。池(chi)袋東口のグリーン大(da)通りで開催されているの取り組みを通して、地域(yu)を変えていくにはまちを自分事として捉える「オーナーシップ」が原動力になる、と飯(fan)(fan)石さんは言います。あらゆる立場の人々に賛同(tong)してもらうためには、「まずは実験(yan)をして、風景(jing)や体(ti)験(yan)を共有することが重要である」というアドバイスは、プラン構想(xiang)につながるヒントになりそうです。

上(shang)杉(shan)さんからは、事(shi)(shi)業(ye)計(ji)画(hua)書(shu)の書(shu)き方に関する講座を行(xing)なっていただきました。上(shang)杉(shan)さんはこれまで、国民生活事(shi)(shi)業(ye)の融(rong)資相談や審(shen)査業(ye)務(wu)を担(dan)当され、全国各地(di)で中小企業(ye)支(zhi)援、操業(ye)融(rong)資を通(tong)じた地(di)域活性化支(zhi)援に携わってこられています。2020年に池袋支(zhi)店に異(yi)動され、池袋エリアで新たな活動を起こす人にとって心(xin)強(qiang)い存在です。数々の事(shi)(shi)業(ye)計(ji)画(hua)書(shu)を見てきた上(shang)杉(shan)さんによると、ビジネスプランに重要なのは「やりたいこと、できること、必要とされること(ニーズ)」の融(rong)合点を探ることだそう。これらを押さえることで、現実(shi)(shi)的かつ筋道の立(li)った事(shi)(shi)業(ye)計(ji)画(hua)が立(li)てられるといいます。実(shi)(shi)際の事(shi)(shi)業(ye)計(ji)画(hua)書(shu)を用いたワークショップも行(xing)い、事(shi)(shi)業(ye)設計(ji)の根幹を学ぶことができました。

ローカルメンターの案内(nei)のもと、それぞれのグループテーマに応じたフィールドワークも行(xing)われました。まちを知るには、まず歩くことから。実際にまちへ出てみることで、池袋という地域を改めて見(jian)つめ直し、新たな視(shi)点を持ち帰ることができました。そこでの気づきなども共有しながら、各グループ毎に企画プレゼンをブラッシュアップしていきます。どのグループもすぐに打ち解けている様(yang)子で、お互いの意見(jian)に耳を傾けながらプランを練っている姿(zi)が印象的でした。

ついに迎えたワークショップ最終日の10月2日、公開プレゼンが開催

Aチームのプランは「体験!となりの池袋」。
様々な文化が密(mi)接(jie)しているという池(chi)袋(dai)エリアの特徴に焦点を当て、「池(chi)袋(dai)のまちの魅力を再発(fa)見し、異(yi)文化を気軽に体験(yan)できる場」を提(ti)供(gong)するイベントを提(ti)案(an)しました。アニメカルチャーや演劇、公(gong)園(yuan)、チャイナタウンなど、どれか一(yi)つの目的で池(chi)袋(dai)に来(lai)ていた人(ren)に、他のカルチャーにも興味(wei)を持ってもらうことで、池(chi)袋(dai)という街全体への愛(ai)着を生み出(chu)し、地(di)域のイノベーションに欠かせない信頼を形成(cheng)することが狙いです。「ガチ中華試食体験(yan)」や「コスプレまち歩き体験(yan)」「演劇づくり体験(yan)」など、子供(gong)から大人(ren)まで楽しめるイベントを構想しています。

Bチームのプランは「いけぶくろタタタ」。
「タタタ」とは、「多(duo)(duo)文化・多(duo)(duo)国籍(ji)(ji)・体験」の頭文字(zi)。多(duo)(duo)文化共生をテーマにしたこのチームでは、豊島区(qu)の外国籍(ji)(ji)区(qu)民が抱えている「日本(ben)人(ren)との交流(liu)機(ji)会の少なさ」という課題(ti)に注目し、国籍(ji)(ji)に関係なく企画・参加しやすいイベントを提案しました。初期は立ち上げメンバーがイベントの運営を行(xing)いますが、来年度以降は誰でも企画を持ち込めるようにする予定です。このチームの強みは、翻訳者や中国人(ren)のメンバーがいることや、メンバーが運営している場所があること。多(duo)(duo)言語(yu)での情報発信や低コストでのイベント開催が可(ke)能なので、より多(duo)(duo)くの人(ren)々にアプローチができると考(kao)えています。

Cチームのプランは「ヒガイケクリエイティブ学級」。
まずこのチームが着目したのは、池袋(dai)の「消費(fei)の街」というイメージ。一方で「高(gao)層/低層」や「都(dou)市(shi)/郊外」などの対照的な要素の融合にポテンシャルを見出し、「CREATIVE REMIX CULTURE」をキーワードとしました。これからの池袋(dai)を「創造の街」に変えるには、クリエイティブの力を用いて地域(yu)を盛り上げていく必要があるといいます。「ヒガイケクリエイティブ学(xue)級」とは、豊島区内の自営業(ye)者(zhe)の方々と、クリエイターを繋げるきっかけをつくるイベントです。例えば、お店(dian)のSNS運営のコツや目の引くポスターの制作などを相(xiang)談(tan)したい人と地域(yu)のクリエイターを繋げ、互いにwin-winな関係を築ける未来を描いています。

今回、全(quan)てのグループがイベント案だったこともあり、相互に乗(cheng)り入れることでIKEBUKURO MEME内で協力し合える可能性も探(tan)っていけそうです。また、各方面でプロの道をゆく講師の方々が側にいらっしゃることも、これからの活動に向(xiang)けて心(xin)強いのではないでしょうか。

(※各企画の内容は、発表当時のものです)

半年を振り返る「IKEBUKURO LOCAL TALK」

ワークショップ開(kai)催(cui)から半(ban)年(nian)後の2023年(nian)3月25日(ri)、「IKEBUKURO LOCAL TALK〜地域に根ざす文化のつくりかた〜」が開(kai)催(cui)されました。本イベントには、IKEBUKURO MEME参(can)加者だけでなく、池袋を拠点(dian)にされている方、ローカルな活動(dong)に関心のある方など、多くの方にご来(lai)場いただきました。

第(di)1部(bu)のグループディスカッションは自己紹介から始まり、「活動(dong)をマネタイズしていますか?」「本業・家(jia)庭とローカルな活動(dong)の関係は?」などのトークテーマが提供されました。アイスブレイクの場(chang)となるばかりか、話が盛り上がって時間が足りなくなるほど。参加者それぞれのローカルにまつわる話が伺えました。

続く第2部(bu)では、アリソン理(li)恵さん(一(yi)級建築士(shi)事務(wu)所ara主宰、MIAMIA、I AM店主)、杉崎和(he)久さん(法(fa)(fa)政大(da)(da)学(xue)法(fa)(fa)学(xue)部(bu)教授(shou))、影山裕(yu)樹さん(千十(shi)一(yi)編(bian)集室代表、大(da)(da)正大(da)(da)学(xue)専任講(jiang)師)にご登壇いただき、ゲストトークが開催されました。

アリソンさんは、豊島区・東長(chang)崎(qi)(qi)でカフェや壱番館(guan)などの運営(ying)を通(tong)じて、地域の場づくりに携(xie)わられています。街に若(ruo)い人(ren)が働く場所(suo)がない、若(ruo)い人(ren)の姿が見えにくいという気(qi)付(fu)きから、開かれたスペースとして事務所(suo)兼カルチュラル・キオスクを構え、東長(chang)崎(qi)(qi)の風景を少しずつ変化(hua)させてきました。ご自身(shen)の複数の活動を組(zu)み合(he)わせることで、街の人(ren)々のコラボレーションのきっかけを作っているそうです。

杉崎さんは現(xian)在、法政大学で都市政策(ce)を専門に教鞭を執られておられます。学生時代(dai)からまちづくりに参(can)加していたり、まちづくりの中間(jian)支援組織(zhi)の勤務(wu)経(jing)験から、現(xian)場と政策(ce)の両方の視点をお持ちです。現(xian)在の趣味(wei)は、帰宅(zhai)の途中で下車をして居酒屋巡りをすること。散(san)歩をする中で「自分(fen)と街を、一対(dui)一で楽しむ」というお言葉が印象的でした。

影山さんからは、千十一編(bian)集室での活動やローカルメディアの様(yang)々な事例についてお話(hua)をいただきました。改めてLOCAL MEMEのご説明をしていただいたことで、IKEBUKURO MEMEに参加(jia)していない参加(jia)者(zhe)にも、イベントの趣旨(zhi)に関する理解が深(shen)まったのではないでしょうか。

また、IKEBUKURO MEMEから生まれた活動の進捗(bu)報告(gao)も行われました。「」では、実(shi)際に2回(hui)のイベントを開(kai)催(cui)(cui)したことで、よりイベントを楽しむ工夫や新たなコラボの予定が生まれてきています。活動を振り返ってみて、「楽しそうなら、とりあえずやってみる」という気持ちを大切(qie)にしているとお話がありました。「」(元(yuan)・ヒガイケクリエイティブ学(xue)級)も、公開(kai)プレゼンから企(qi)画をブラッシュアップして第1回(hui)目となるワークショップイベントを開(kai)催(cui)(cui)しました。メンバーのやまもとさんは、池袋(dai)の街を知るために様(yang)々な場に赴き、そこでの人々との出(chu)会いから活動のヒントを得たそうです。どちらの活動も試(shi)行錯誤しながら、今後の方(fang)向性を見出(chu)しているようでした。

その後のトークセッションでは、「楽(le)しく続けることの難しさ」「活動の丁度良(liang)いスピード感(gan)」「立場の違う人が話せる空(kong)間」など、様々なキーワードが挙げられました。ある程度の余白を残(can)しつつ、ゆるやかに周囲(wei)を巻き込んでいくことは、地域で活動を続けていく中(zhong)で重要なポイントです。IKEBUKURO MEMEから生まれた活動も、そのような形(xing)で継続・展(zhan)開されていくことを期待しています。

○IKEBUKURO MEME
企画・主催 かみいけぶくろ探求と対話と木賃文化ネットワーク(ラボラトリ文鳥・かみいけ木賃文化ネットワーク・千十一編集室)、LOCAL MEME® Projects
運営協力 株式会社サンシャインシティ
公益財団法人トヨタ財団 2020年度国内助成プログラム「そだてる助成」助成事業
//edocki.com/news/ikebukuro_meme/

○LOCAL MEME PROJECTS

マップ

ライタープロフィール

齋藤結(Yui Saito)

2000年生まれ。立教大(da)学(xue)(xue)大(da)学(xue)(xue)院社会学(xue)(xue)研究科(ke)在(zai)籍中。EDIT LOCALインターン2年目。アートプロジェクト制作の経験から、生活(huo)の中の表現/公(gong)共空(kong)間・空(kong)き家の活(huo)用などに関心を持つ。

記事の一覧を見る

関連記事

コラム一覧へ