ピンボールマシン カオスホース

いつかの老いた私に出会う。『クロスプレイ東松山』より白神ももこ『どこ吹く風のあなた、ここに吹く風のまにまに』レポート

2023.3.26 遠藤ジョバンニ

こんにちは。ライターをしています、遠藤ジョバンニです。

みなさん、「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」をご存じでしょうか。画家やパフォーマー、音楽家などのアーティストが施設に滞在(zai)しながら作(zuo)品をつくる制(zhi)作(zuo)形式のひとつです。代表的なものでは、茨城県(xian)守谷市の廃校(xiao)活用施設に、国内外からアーティストを招聘して制(zhi)作(zuo)や地(di)域交流(liu)を行う「アーカスプロジェクト」など、芸術を通じた地(di)域活性化を目指すものも多(duo)く、ローカルを考えるうえでも重要な手(shou)法だといえます。

埼玉(yu)県東松山市(shi)でも、そうしたAIRの手(shou)法(fa)が用(yong)いられたプロジェクト「」が2022年7月に始まりました。アーティストの方(fang)々が滞在する場所は、東松山市(shi)は下唐(tang)子地区にある医(yi)療法(fa)人社団保順会が運営(ying)する「デイサービス楽らく」。そう、ご想像のとおり、日(ri)中にご高齢(ling)の方(fang)々が集い、レクリエーションや入(ru)浴(yu)、食事などを楽しむ高齢(ling)者福(fu)祉(zhi)施設です。AIRはしばしば、美術館や劇場などの文化拠(ju)点で行われることが多(duo)いですが、楽らくのような福(fu)祉(zhi)施設を舞(wu)台にした実施は、かなり珍しく、かつとても意義のある取り組みなのではないかと思います。

最初(chu)は3組のアソシエイトアーティストとして、振(zhen)付家(jia)(jia)・演出家(jia)(jia)・ダンサーの白神ももこさん、文化活動家(jia)(jia)のアサダワタルさん、東(dong)松山市内にあるギャラリーcomeyaオーナーで、デザイン業も営む吉田幸平さん/吉田和古さんを迎え、それぞれが得意とするアプローチで利用者やスタッフと施設で交流(liu)を重ね、ワークショップや作(zuo)品制作(zuo)を進めたそうです。プロジェクトは、医療(liao)法人社団(tuan)(tuan)保順(shun)会と、アートマネジメントの専門集団(tuan)(tuan)である一(yi)般社団(tuan)(tuan)法人ベンチが協働して実施しています。

今回は、ローカルを考えるうえできっと大切になってくる「福祉」をテーマに、先日(ri)行われたクロスプレイ東(dong)松山の公演を観劇(ju)した私の体験を交(jiao)え、ローカルで福祉を考えるうえでのヒントについて、ざっくりとこの場(chang)を借りて書いてみようと思います。

2022年6月に楽らくはリニューアルし、利用者向けのデイサービス機能のほかに、アーティストやビジターを受け入れるためのレジデンス機能を備えました。

いつか行くだろうけど、行ったことのない場所の遠さ

ローカルを考(kao)えるうえで、地域の「福(fu)祉」を見つめる機会(hui)は、これからも増(zeng)えていくことになるでしょう。そのなかでもとくに「老い」は、高齢(ling)社会(hui)という言(yan)葉もすっかり定着した昨今(jin)、さらにその影響が各(ge)地域へと色濃く表れていくのではないでしょうか。現に私の住むまちでは、高齢(ling)者の迷い人のアナウンスと、振り込め詐欺の注意喚(huan)起の放送が毎日(ri)のように流(liu)れ、その波がすでに押し寄せていることを感じずにはいられません。

地(di)域の「老(lao)い」を受(shou)け止める拠点の一(yi)つに、クロスプレイ東松山の舞台である楽らくのようなデイサービスをはじめとする「高齢(ling)者福(fu)祉施(shi)設(she)」が挙げられます。これを読んでいる方(fang)は、これらの施(shi)設(she)へどんなイメージを持つでしょうか。「いつか行くだろうけど、それまでは一(yi)度も行くことのない場(chang)所」。自分が利用者である場(chang)合や、家族や親(qin)しい人が利用している場(chang)合を除いて、なかなか足を踏み入(ru)れる機会は少なく、上記のようなイメージを抱く方(fang)も多いかもしれません。都市も郊外も、どの地(di)域にも必ずといっていいほどあるのに、施(shi)設(she)の利用者や家族、ボランティアなどの限られた人しか訪れない。同じまちの機能の一(yi)部(bu)でも、そんな福(fu)祉施(shi)設(she)に、図書(shu)館やカフェ、コンビニなどとは違った、「遠い距離(li)感(gan)」を抱く方(fang)が大(da)半なのではないでしょうか。

この距離感の根幹(gan)には、なにがあるのか。最近私のなかでその一(yi)部に触れる機会(hui)がありました。それが、先(xian)日行われた「クロスプレイ東松山(shan)」に参加する白神ももこさんの公演(yan)。振付家・演(yan)出(chu)家・ダンサーの白神さんが7月から楽らくへ定(ding)期的に滞在(zai)し、その手ごたえや経験を踏まえてつくられた2023年1月15日と22日に行われたダンス(と一(yi)括りにはしたくないほどに多彩(cai)な)プログラムです。私は22日の東松山(shan)市(shi)民文化センターでの公演(yan)を見(jian)に行きました。

photo:森勇馬
photo:森勇馬

どこ吹く風のあなた、ここに吹く風のまにまに

会場につくと、通されるのは客席(xi)ではなくまず舞台(tai)(tai)でした。舞台(tai)(tai)袖から舞台(tai)(tai)に上(shang)がると、そこには机や椅子、ホワイトボードなどが置かれ、すでに高(gao)齢者の方々が席(xi)について、白(bai)神さんやエプロンをかけたスタッフ、利用者さん同士で各々談笑されていました。ここまできて私は、「ああ、私は『デイサービス楽らく』に来(lai)たんだ」と気付きました。観客が座(zuo)る席(xi)はその「楽らく」を囲むように半円状に、ちょうど客席(xi)と向かい合わせになっているので、私は、かれらを見守る壁になったような気持ちで席(xi)につき、開(kai)演を待ちました。

プログラムは、楽らくで行(xing)われているであろう朝の体操や塗り絵の時間(jian)(jian)(jian)から始まっていきます。利用者の方々がおなじみの歌謡曲に合(he)わせて体をほぐしたり、お茶を飲(yin)んで塗り絵をしたりする風景を眺(tiao)めながら、私が日(ri)々せわしなく過ごす時間(jian)(jian)(jian)の比ではない、穏やかな時間(jian)(jian)(jian)の流れを感じました。

そしてもう一(yi)点(dian)驚いたのが、楽(le)らくスタッフの利用者さんに対する態度でした。赤ちゃんに語り掛けるような、俗に言(yan)う子ども扱(xi)いではなく、これまで生きてきた一(yi)人(ren)の人(ren)間に対して敬意(yi)を払(fu)った言(yan)葉遣いや丁寧な受け答えに心打たれ、同(tong)時になぜかとてもほっとしました。私(si)の後ろで見ていた観客(ke)の方々も「いいね、ここに入りたいね」と口々に語っていたのが聞(wen)こえてきます。そのあと、白神さんが利用者やスタッフへ一(yi)人(ren)ずつ声(sheng)をかけていきながら、彼らによる「一(yi)芸発表会」がスタート。

利(li)用(yong)者やスタッフがそれぞれ持っている十八番の歌や踊り、アコーディオンの演奏などの特(te)技を、白神(shen)さんの踊りをまじえて披(pi)露してもらうというもの。とくに印(yin)象的だったのが、素敵な歌と南(nan)京玉すだれを発(fa)表してくださった木村(cun)さん。緊張した面持ちでステージに立って私(si)たちに披(pi)露する姿を見(jian)ていると、「ああ、この人も、過(guo)去でなく、私(si)たちと同じ今この瞬間(jian)を生きているんだな」と、こちらが励まされるような気持ちが湧き上がってきました。ちょっと間(jian)違ったり、立ち止まったりしても、むしろなんだかそれが心地(di)よく、会場には木村(cun)さんの奮闘を応援するような空(kong)気が帯びていて、最初はハラハラと見(jian)守っていた私(si)も不思(si)議と笑顔になっていました。

一(yi)芸発表会(hui)の最後に、白神さんが一(yi)人(ren)の車(che)いすに乗った尾上さんという女(nv)性の手を引いて、一(yi)緒に踊り始めました。静かに、普(pu)段(duan)目にするダンスとは異なる、非常(chang)にスロウなテンポで離れては近(jin)づき、くるりくるりと回るふたり。その後のアフタートークで知(zhi)ったのですが、白神さんがリードするのではなく、車(che)いすで先程までまどろんだ寡黙な女(nv)性、尾上さんが、重なった手のひらを通して、白神さんに力強く動(dong)きを伝えていたのだそう。

尾上さんとの踊りを終えると、白神さんは「楽(le)らく」の向(xiang)こう側(ce)、つまり反対(dui)側(ce)の客席(xi)のほうへと舞台を降りて一人で駆け抜けていきました。その先(xian)にある客席(xi)のスペースにはいつの間(jian)にか、埋め尽くさんばかりの巨大な白い風船(chuan)が3個(ge)ほど並んでいます。そこへ楽(le)らくにいる方々の「手」の映(ying)像が、その人の声とともに映(ying)し出(chu)され、映(ying)像インスタレーションが出(chu)来上がりました。さきほどまで「楽(le)らく」だった空(kong)間(jian)は、「映(ying)像インスタレーションの作(zuo)品の一部」へと変貌を遂げ、「出(chu)演(yan)者(zhe)」だった楽(le)らくの利用(yong)者(zhe)やスタッフも、私たちと同じように映(ying)像を見(jian)つめる「鑑(jian)賞(shang)者(zhe)」となって、皆でその人の人生が色濃(nong)く表れた「手」をじっと見(jian)つめる。それはまるで、私たち一人ひとりの人間(jian)が「老い」へと向(xiang)かっていく、その過程(cheng)を表しているようにも感じました。

ここにいる皆が、悲喜(xi)こもごもありながら、すべからく老(lao)いていく。なんだか、老(lao)いることは、思(si)ったよりも怖くないのかもしれない。忘れてしまったり、出(chu)来ることは少なくなっていくかもしれないけれど、人としての尊厳までは失(shi)われない。楽らくの利用(yong)者の方々も、そしてこれを見(jian)ている私も、まぎれもなく「今」を生(sheng)きている。老(lao)いることを恐がる私の背中をひとすじ、人生(sheng)の先(xian)輩の「手(shou)」がすっと撫でて力を抜いてくれたような体験(yan)でした。

白(bai)神さんが楽(le)(le)らくでの滞在で感じたことを伝えるために、スタッフや利用者(zhe)と協働して、舞台のうえに疑似的な「楽(le)(le)らく」をつくりあげ、日(ri)々の様子を徹底して再現(xian)してみせた。そのうえで最後に、空間や役割を一気に転換することで、演者(zhe)と観客、年齢や性別を超えた、「老い」という最大の共通項について気づくことが出来(lai)たのではないかと思(si)います。

photo:森勇馬

「いつかの老いた私」に出会う

この公演を終(zhong)えて、なぜそのことが私をこんなにも楽にしてくれるのだろうかと、ずっと考えていました。

私の祖父(fu)はレビー小体(ti)型(xing)認(ren)知症を患(huan)い、晩(wan)年寝(qin)たきりでした。症状が進むにつれ混(hun)乱がひどくなり、自分に失望した祖父(fu)が「殺してくれ」と言い放ったあの瞬間を、亡くなって数年が経ついまでも忘(wang)れることはできません。私はそれ以(yi)降、自分や家族(zu)が老いることに対して恐怖に近(jin)い感覚を抱(bao)くようになりました。私が、もしくは私の家族(zu)も、祖父(fu)と同(tong)じように孤独でわびしい最期を迎えるのではないかと。

私が地域(yu)にある高(gao)齢者福祉施設を目にするときに感じていた距(ju)離感の根(gen)幹には、そうした「老(lao)いへの恐怖」が居座(zuo)っていました。『どこ吹く風(feng)のあなた、ここに吹く風(feng)のまにまに』は、そのこわばりをほぐす、老(lao)いのイメージを変える体験となりました。

出来るのに時間(jian)がかかっても、忘れてしまっても、役立たずだと非難されることはなく、居(ju)場(chang)所が奪われることもない。それを受け入れてくれるスタッフや利用者がいて、自分らしく生きることを諦めなくていい。あの舞台にいたのは、楽らくの利用者の方々であり、「いつかの老いた私」なのだと思(si)います。

「経済的(de)合理性」という価値観を重要視する社(she)会のなかで高(gao)齢化が進めば、さらに老いに対するネガティブなイメージを抱(bao)く機会は、これからもきっと増えてくるでしょう。それに、当たり前(qian)ですが、すべての高(gao)齢者福祉施(shi)設(she)(she)が楽らくと同じような施(shi)設(she)(she)ばかりではないでしょうし、すべての人(ren)が施(shi)設(she)(she)を利用するとは限りません。だから、施(shi)設(she)(she)任せにせず、地(di)域で福祉を考えることがとても重要なのだと思(si)いますし、その一歩(bu)として自分のなかにいつの間にか根(gen)付(fu)いていたネガティブなイメージを、アートを介(jie)して個人(ren)の感覚をほぐすところから出発(fa)するのも、いい手立てになるのではないかと私は思(si)います。

せわしなく生(sheng)きる私たちが、いつか老(lao)いて「ゆっくりなら出(chu)来る」や「出(chu)来ないけどそこにいる」存在となったときに、自(zi)分(fen)らしく生(sheng)きるために何(he)を指標とするべきなのか。今回は、高齢者(zhe)福(fu)祉(zhi)施設(she)「楽(le)らく」と白神さんが出(chu)会って生(sheng)まれた作品から、そこで流れる時(shi)間の豊かさや、「老(lao)い」について考えを深めるきっかけが得られ、アートと福(fu)祉(zhi)の可(ke)能(neng)性(xing)を感じずにはいられませんでした。これからのクロスプレイ東松山の活動にも、注目しています。

INFORMATION

クロスプレイ東松山 白神ももこ『どこ吹く風のあなた、ここに吹く風のまにまに』
2023年1月15日(日)/デイサービス楽らく
2023年1月22日(日)/東松山市民文化センター ホール

マップ

ライタープロフィール

遠藤ジョバンニ(Endo Jovanny)

1991年生まれ、ライター。大学卒業後(hou)、社会福(fu)祉法人で支援員として勤務後(hou)、編集(ji)プロダクションのライター・業界新(xin)聞記者(農業)・企業広報(bao)職を経(jing)てフリーランスへ。埼玉県(xian)在(zai)住。知的障(zhang)害(hai)のある弟とともに育った「きょうだい児(er)」でもある。撮影:石田ダダ

記事の一覧を見る

関連記事

コラム一覧へ